地域福祉を推進する団体です。

主役は地域住民。この考えのもと、地域のいろんな人や団体・組織等と一緒に考え、行動し、地域に暮らす誰もが幸せ(=福祉)になれる暮らしのために、さまざまな活動をしていく民間団体で、社会福祉法に基づいて設置されています。

全国社会福祉協議会、都道府県社会福祉協議会、市区町村社会福祉協議会と段階的に設置され、そのネットワークを活かして活動しています。

■経営理念

社会福祉協議会は、地域の様々な人の知恵と力を提供いただいて、地域福祉の推進を図ります

1.地域の生活問題について、地域の様々な人々の参画と協働による問題解決活動を企画・実践します。

2.生活問題の包括的な支援を進めます。

  • その人にとって身近な地域に密着した支援をすすめます。
  • 様々なフォーマルなサービスとインフォーマルなサービスを組み合わせた自立生活支援を進めます。
  • 自立支援を基礎にした利用者の立場にたったサービスを進めます。

3. 公益性と非営利性を合わせ持つ民間団体として事業経営に努めます。

  • 低所得者や制度の谷間にある地域住民の生活問題への対応・支援に重きをおきます。
  • コスト意識をもち、効果的かつ効率的な自律した事業経営を行います。
  • 事業内容等は、可能な限り、わかりやすく、その情報を開示します。

■定款

■以下からダウンロードしてください。

■事業計画・予算

■各種、以下からダウンロードしてください。

■事業報告・決算

■有田市社会福祉協議会決算書 は、以下からダウンロードしてください。

■有田市社会福祉協議会現況報告書は、以下からダウンロードしてください。(PDF)

活動計画書